M1911LM_01_1200.jpg

M1911A1 CO2GBB Limited

メーカー希望小売価格:¥47,080 (税込)

スライド・フレームのパーティングライン処理後、全外装パーツ(※)をセラコートし、ウォールナット製ウッドグリップ(ウェイト内蔵)を装備。限定生産品。

※セラコート施工パーツ:スライド、フレーム、アウターバレル、バレルブッシング、リコイルプラグ、スライドストップレバー、ハンマー、リヤサイト、グリップセーフティ、トリガー、ハンマースプリングハウジング、マグキャッチ、プランジャー

TANIO・KOBA × BATON airsoft コラボレーション 第四弾、M1911A1 CO2GBB。コバさんのこだわりを詰め込んで 第二次世界大戦後期の " ミリガバ " を忠実に再現。低燃費・高耐久を実現した TNAIO・KOBA CO2バルブ(特許取得済)を純正採用。CO2ガスガン、サバイバルゲーム・シューティングに適したエアソフトガン。

【フルリアル刻印】
ミリガバの刻印は様々だが、WW2 後期に見られたコルト跳ね馬マークの入った刻印を再現。

【 スライド前後部・レシーバー前部の面取り 】
WW2 当時のホルスターは革製であり、ホルスター内部で押し付けてコッキングしていたため、ホルスターがエッジ削れないように、各部が面取りしてあった。

【 トリガーガード下の形状 】
図面ではのちのガバメントのようにトリガーガード下の曲線はもっと上(ハイグリップ)だったが、WW2 当時のCOLT社の工作機械の関係上、図面通りには製作できず、このようにゆるいアールになっていた。※60年代から工作機械が変わって、図面通りのハイグリップ形状になったとのこと。

【 セレーションは19本 】
ミリタリーモデルのセレーションは現行モデルの18本より1本多い19本だった。

【 グリップはあえて樹脂製 】
WW2 当時のグリップはベークライト製で木製はなかったので、あえて樹脂グリップ。

・経済産業省認可の製造組合『 JASG 日本エアースポーツガン振興協同組合 』認定エアースポーツガン。3ヶ月無償修理保証。


​M1911A1 CO2GBB の純正パーツ通販はこちら

M1911LM_01_1200.jpg
M1911LM_02_1200.jpg
M1911LM_06_1200.jpg
M1911LM_03_1200.jpg
M1911LM_16_1200.jpg
M1911LM_10_1200.jpg
M1911LM_12_1200.jpg
M1911LM_18_1200.jpg
M1911LM_11_1200.jpg
M1911LM_01_1200.jpg
M1911LM_07_1200.jpg
M1911LM_08_1200.jpg
12160225_5c15b7948a14d.jpg